富田隆弥のブログ

富田隆弥の活動

富田隆弥はチャートから株式市場を分析している。
相場観を月刊「トレチャ」や「メルマガ」で掲載。
「株の達人」、「株探(yahooファイナンス)」にも寄稿中。
このブログで日頃のコメントや商品案内をしている。span>

変化日と忖度

7月23日
まずご報告。
本日、トレチャ誌面版は予定通り発送しました。
さて相場は18日高値22949円から3日続落、
だが変化日高値からの調整は想定シナリオ。
次は変化日安値がポイントになる。
今月のトレチャは“変化日”と“忖度”がテーマ。

変化日集中の7月

7月2日
きょうから7月。
猛暑に見舞われる東京だが、
相場は特段の材料のない中、後場から急落。
月が変わり夏バテ相場を暗示か。
崩れを示唆していたTOPIXは下げを加速、
新安値銘柄がまた増加し、
高水準の信用買い残は一層苦しくなる。
重要変化日と期日を迎える7月。
夏の「2日新甫」を侮るな。

どうなる7月

6月25日
日本はサッカーW杯に熱中だが、
方や株式市場は・・静かでお寒い。
7月大暴騰・・そんな声も耳にするが、
ボーナス資金獲得のための掛け声か?
でも、チャートは夏休み入りを示唆?

キーホルダー

6月19日
トレチャ4/23号マネーゲーム株の
4712 KeyHolderがS高してきた。
エンタメ事業強化で
あの秋元康氏と資本提携するとか・・
待ち伏せ2ヶ月での開花は上々だ。
ボロ穴株はやっぱり面白い。
一方、日経平均は心もとない。
6/25号では村田など値嵩株から
先行きを追ってみるつもりだ。

演出

6月15日
相場はジメジメ梅雨入り模様。
でも日経平均のサイコロは9勝3敗、
TOPIXは10勝2敗と猛暑警報。
体感と異なる猛暑指標は
ボーナス資金獲得のための演出か。
この時期に話題のメルカリ上場も
活況演出のシナリオか。
月刊トレチャ、25日発行です。

メルマガのご案内

毎週「月水金」の夜に配信。
相場観、銘柄、話題などを曜日ごとに触れて行きます。
購読料 6500円/月
お申込みは「フーミー」、詳細はこちら→
http://foomii.com/00044

尚、同メルマガをFAX、またはPDFでご希望の方は「とみ企画」まで。 
0557-80-4855、 tomikikaku1@yahoo.co.jp
次のページ