FC2ブログ

富田隆弥のブログ

富田隆弥の活動

富田隆弥はチャートから株式市場を分析している。
相場観や注目株を月刊「トレチャ」「メルマガ」に掲載。
「株の達人」、「株探(yahooファイナンス)」にも寄稿中。
このブログで日頃のコメントや商品案内をしている。

慎重姿勢、好機待ち

4月12日
先週、陰転を暗示した日経平均。
今週はアヤ戻し見せるも25日線を抜けず、
チャートは調整入りを示唆したままだ。
相場は流れに従うのが基本。
高値圏で迎えた安値期日の4月だけに
メルマガは現金100%を指示、
チャートで好機の到来を待つ。


期初急落は押し目好機

4月1日
新年度入りの初日、
前場だけで高値から1000円近く急落。
大型主力株が軒並み大きく下落した。
エイプリルフールの嘘であってほしかった。
先物主導の売りで裁定解消売りを誘ったものだが、
ただ期初の急落は大発会の下落時と似ている。
今週の調整はチャートで想定していたことで
月曜日の全面安になったことで
ここからは押し目買いを探ることになる。

彼岸底

3月15日
さて、来週はお彼岸。
調整入れた日本株だが
日銀決定会合、FOMCがあるほか
さくらの開花に大リーグ開幕もあり、
そしてチャートはポイントに差し掛かる。
「彼岸底」を意識するところだ。

スピード調整の3月

3月5日
さくらインターネットが連日急騰、
ついに1万円大台にタッチした。
想定以上の急騰でまさに春爛漫「満開」だ。
ただ、半導体関連への一極集中は気がかりで、
3月となりスピード調整も望まれる。
さらなる相場上昇にはバリュー株、小型株など
全体の底上げも必要だ。

宵の十字星

2月19日
日本株が最高値更新間近となり
業界とマスコミは連日ソワソワ。
ただ、日足は16日に「宵の十字星」を描き、
チャート屋はその後の動向にヒヤヒヤ。
26日発行の月刊トレチャでは
3月期末相場をズバリ分析する。
二刀流「ムサシ」もヒット連発、絶好調。


メルマガのご案内

毎週「月水金」の夜に配信。
相場観、銘柄、話題などを曜日ごとに触れて行きます。
購読料 6500円/月
お申込みは「フーミー」、詳細はこちら→
http://foomii.com/00044

尚、同メルマガをFAX、またはPDFでご希望の方は「とみ企画」まで。 
03-3606-9524、 tomikikaku1@yahoo.co.jp
次のページ